全国ラーメン探訪記 ~綾昌のラーメン伝説~
オーラを輝き放つラーメン屋を厳選、ご紹介します!
プロフィール

あやしょう

Author:あやしょう



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京 東池袋『大勝軒』 VS 永福町『大勝軒』
今回の出張は、池袋に6泊します。
池袋
池袋もメリー・クリスマス♪

綾昌は、特にラーメンだけが大好きと言うわけではなく、関西人ならではの粉もん好き、特に麺類が好きなのです。
しいてこだわりを言えば、パスタは歯ごたえ、うどんは喉ごし、蕎麦は香りが好きなのです。

香川県の「讃岐うどん」は特にお気に入りで、以前、出張で高松によく行っていた頃は1日4食食べるほどでした。

その頃香川の得意先に、いろんな「うどんのこと」を教わりました。

ある製麺所でのこと。

コシのあるうどんが美味しかったので、得意先に「ここのうどんは【コシ】があって美味しいですね~」と言うと、
「素人やな~。これは【コシ】やぁない。【硬さ】や。ほんものの上質な讃岐の麺は【モッチリ】しとる。最近はこの店も有名になって宅配始めたから、塩と防腐剤が多くなって【硬く】なったんや…」と。


そんな話を思い出しながら・・・


さて、今回のラーメンは東京ラーメン横綱級(綾昌基準)の対決です。

名前はたまたま同じ、東池袋『大勝軒』と永福町『大勝軒』。

一般的につけ麺発祥店で有名なのは、東池袋『大勝軒』。

一世風靡したつけ麺創設者の山岸さんが、体調不良のため一旦店を締めた後、お弟子さん達が各地で暖簾をついで、さらに有名になったラーメン店です。
立川
写真 立川 大勝軒 東京都立川市柴崎町3丁目4−7    ☎042-528-1313
ラーメン 700円

以前、東京のつけ麺はどこでも旨い!と書きましたし、特に大勝軒グループは都内どの店も旨いです。
七福神
池袋 大勝軒「七福神」  東京都豊島区西池袋1-35-3 ☎ 03-3983-7770
営業時間 11:00〜23:00頃 (月)~(金)は夜1:00頃まで つけ麺 700円

最近、山岸さんを会長に迎え、一番弟子さんが本店(と言っても差し支えないでしょう)を再オープンさせ、話題になりました。

早速…

仕事がお昼からだったので、リニューアルOPENの東池袋 『大勝軒』 本店へ行ってきました。
大 外観
東池袋 大勝軒 本店     東京都豊島区南池袋2-42-8    ☎ 03-3981-9360
営業時間 11:00~23:00 ※スープなくなり次第終了 定休日 なし   
11:00オープン直前の様子


開店の11時前にならび、ゆがきたての「つけ麺あつもり」 700円 を頂きました。
大①

麺をスープに絡ませて・・・
大②

口に含んだ感想は・・・

ううぅっ「ふにゃっとしてる!?」

だったのですが、

次に「いや、【モチっ】としながら、しっかり【コシ】のある食感だ…」

さらに「ラーメンには珍しく、ほのかに上質の小麦の【香り】が…」

失礼ながら、グループ店の麺とは比べ物にならない・・・いや、こんな麺は過去に出合ったことがないかも・・・

ま、まさに、「パスタとうどんと蕎麦の三位一体や~\(^o^)/」

そうおもった瞬間、不覚にも顎がはずれ、ほっぺたが溶けてしまいました。


麺が「美しい…」  と思ったのは初めての経験でした。


それ以降は無我夢中で何をしたのか記憶がありません。(たぶん全部食べたのでしょう…)

ああ、☆☆☆☆☆… 星5つ以上付けたい!



一方・・・

永福町『大勝軒』。
永福町外観
東京都杉並区和泉3-5-3 ☎電話番号 03-3321-5048
E-Mail eifukuchou-taishouken@nifty.com 営業時間 午前11時から午後11時

さきほどの東池袋『大勝軒』とは全く関係のないお店だそうです。(開業は上記店より6年ほど早いみたい)

ですが、またここがくせ者(失礼・・・)!

時間がない昼休みに無性に食べたくなる中毒系の名店。何度も何度も列ばされても、また列んでしまう。

ラーメン一杯が1050円。そして、ほとんどの人はスープを残す!

でもいつも行列なのです。


実は…ここのラーメン、なぜか全てが2倍なのです。

麺も2倍、スープも2倍、器も2倍、写真ではわかりませんが、レンゲも2倍の大きさ (>_<)
永福町1

これが賛否両論の別れるところ。(半分の量で半額にしろー!と。)

でもここの東京独特の煮干し系醤油ベースのスープが抜群!!

たぶん東京ラーメンのなかでも味の個性は抜きんでています。

店主が昭和30年の開業以来200回も味の作り直しを重ねて、ゴージャスな旨さを完成させたようで…

つまり、旨さも2倍なのです。

熱狂的リピート率の秘密は、120℃はあるかと思わせる程のアツアツのギットリ系スープ。でも、エグくなく、ゆずが小さくちりばめてあり、絶妙のバランスを醸し出しています。

そこに使われるオランダ産・最高級ラードの脂(うま)さは、飢餓時代の本性を蘇らせるのかも・・・!


東池袋『大勝軒』が麺の横綱なら、こちら永福町『大勝軒』は、スープの横綱といえるでしょうか。。。

☆☆☆☆☆ 星5つ  

<良かったらクリックしてください→> 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ayashou.blog67.fc2.com/tb.php/12-9194803b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。