全国ラーメン探訪記 ~綾昌のラーメン伝説~
オーラを輝き放つラーメン屋を厳選、ご紹介します!
プロフィール

あやしょう

Author:あやしょう



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑豊ラーメン
今回は、博多3系列 (長浜系・久留米系・新博多系) には属さない、オリジナルな北九州ラーメン 

『筑豊ラーメン』 をご紹介しましょう。

もともとのベースは久留米ラーメンで、博多ラーメンではありません。
※北九州で 「博多ラーメン下さい」 と言うと怒られます。博多 VS 北九州 意識があるようです。ご注意を。

特徴は、麺は中細(博多ラーメンより太い)。通常、筑豊ラーメンは 「替え玉」 は出来ませんので、お腹が空いている方はあらかじめ大盛を頼みましょう。
東龍軒
東龍軒 550円   ここは旨い!
福岡県北九州市小倉北区日明3-3-13 TEL 093-583-1101
営業時間 10:30-24:30(日祝日-21:00) 休日 火曜


スープは久留米にくらべてかなりサラッとしてますが、これは、ベースの豚骨スープに、魚醤や鶏ガラスープなどを合わせるため。
八幡650
八幡 650円   「豚骨」8割に「鶏がら上湯」が2割のスープは絶品

関西人の私としては、 「久留米ど豚骨系」 より、こちら 「筑豊ラーメン」 の方があっさりしていて、なおかつ味に深さがあるので「好き」です。

ただ、筑豊と言えば元炭坑地域。当時より豪快な炭坑夫達が愛したラーメンでもあるので、肉体労働後の塩分補給の為もあるのか、スープは思いのほか塩辛いのが特徴です。

大720
珍竜軒 大盛 720円 先代の味を守り続けている名店
井堀店    福岡県北九州市小倉北区井堀3-6-32-1F TEL 093-583-0730


そういう意味(スープが塩辛いの)で、ご飯と相性が抜群に良いです。餃子付きのラーメンセットなどがお勧め (^_^)

鉄平500円
鉄平本店 500円    福岡県北九州市八幡西区千代ヶ崎
手ごろな価格も北九州ならでは。 サラリーマンには有り難い!

トッピングは、力をつけるための「ニンニク」。
にんにく
ひとかけらをそのまま、ニンニク潰し器で大胆にクラッシュして頂きます。

それと「カラシ味噌」。
からしみそ
味ががらりと変わるので、入れすぎに注意!

最近では、博多からの流れで「カラシ高菜」をおいている店もチラホラ。
たかな

今回綾昌のおすすめの一店は、小倉駅前商店街すぐの「一平」本店
32
福岡県北九州市小倉北区京町2-6-2     TEL 093-521-4543
昭和32年創業の老舗で、店内は常連さんばかりでなごやかな雰囲気。

そして、やはり老舗の定番、店は「こ汚い」(^-^)/  写真左手前は、猫の常連さん

で、 味は「普通」(^-^)/
一平550

ここの見所は、大将の年季の入った 「麺の湯きり」 。大将の動きを見ているだけでもこころが落ち着きます。まさに老舗の特徴とでもいいましょうか、歴史的な 「力強さ」 を感じます。

通い始めると、いつからか 「我が家の味」 になっていくのが不思議ですね (^O^)/

どこかの有名カレーチェーンの社長さんが言っていました。
「あまり旨いものを出すと飽きられるので、いつも通ってもらうために、とことん“普通”の味を追求した」
なんとなく納得ですね。

星 ☆☆☆  3つ!

<良かったらクリックしてください→> 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ayashou.blog67.fc2.com/tb.php/20-f006eb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。