全国ラーメン探訪記 ~綾昌のラーメン伝説~
オーラを輝き放つラーメン屋を厳選、ご紹介します!
プロフィール

あやしょう

Author:あやしょう



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京つけ麺
東京つけ麺のレポートです。

関西の人は「つけ麺」というとあまりピンとこないので、狩野英孝の「ラーメン・つけ麺・・・」のフレーズは全然面白くないのですね。

でも、東京つけ麺(の味)を知ってしまうと、ラーメンの既成概念がひっくり返るほど【うまい!】のです。

そして、【奥が深い!】のです。

最近ではつけ麺専門店があちこちに出展し、ついに今年、平成21年10月の22日に日比谷で
【大つけ麺博】が開催
されるほど一大ブーム化しています。

つけ麺の発祥店といわれる東池袋「大勝軒」「六厘舎」、「TETSU」などつけ麺を代表する各店が一堂に会してしのぎを削ってます!(11月11日まで)

※対照的に、ほぼ同時開催の「東京モーターショウ」は散々の評価でしたが・・・(^_^;)


綾昌は東京出張のたびに、この東京つけ麺に挑戦し続けているのですが、まだ20店も行けてないのでうんちくを言える立場にないのですが・・・、まっ、このブログは、ラーメン店の詳細情報は「完全無責任」と言う立場をとっている為、勇気を持って思うままに書かせて頂きます。

まず、東京つけ麺を知らない地元関西人のために、分かりやすくその特徴を書いてみますね。

①麺とスープが分かれている。(当たり前(-_-;)・・・)

頑者
写真は川越「頑者」本店。 川越市新富町1-1-8 ☎049-226-1194
 
スープに魚粉を入れた発祥の店らしい・・・

②スープは、普通のラーメンスープの濃いものと考えてください。


(一般には、「醤油・豚骨系」か「醤油・煮干系」のスープに魚粉をタップリ混ぜるタイプが多いようです。
が、とにかく、このスープが勝負なのでそれこそ店の数だけ種類があると言う感じです)

三田 スープ
三田製麺所 池袋店   東京都豊島区西池袋1-40-1    ☎03-5911-3839

写真は池袋「三田製麺所」のつけ麺スープ。海苔の上に載っているのが「魚粉」。。。


③麺は「極太麺」が多いです。

チャンポン麺のコシの強いものとイメージしてください。

一度湯がいたあと、ざる蕎麦のように水ですすいだ、冷たい麺の【ひや盛り】と、釜揚げうどんのような熱い【あつ盛り】があります。


と言うことで、今回は飲んだあとに必ず寄ってしまうお店

池袋 つけ麺専門店『つけ麺屋 のぶなが』
を紹介します。

信長 店
のぶなが 北口店   東京都豊島区西池袋1-42-8   ☎ 03-3984-1887
営業時間 11:30〜23:00(L.O.22:45)※スープ切れ終了 定休日 無休 座席数 カウンター12席

ここも、嬉しいことに「東京つけ麺」の特徴の1つである、「普通盛り」「中盛り」「大盛り」の値段が一緒の店。

ついつい飲んだあとにもかかわらず「大盛り(450g)」を頼んでしまい、きまって後で後悔します(*^_^*)・・・。

つけ麺あつ盛り(略してつけあつ)780円 
信長1
前にあるのはトッピング用「さらし玉ネギ」「鰹節粉」    スープにお好みで♪

信長2
やはり、ウマッ!!!ウマッ!!!  うま~いっ\(^o^)/


頂いたあとの締めは、濃いスープを薄める【スープ割り】で飲み干しまする。
【スープ割】とは、【蕎麦湯】みたいに考えてくださいね。


ご馳走様でしたーーー

当然!☆☆☆☆☆ 星5つ

<良かったらクリックしてください→> 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ayashou.blog67.fc2.com/tb.php/7-8be320c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。